お母さんは大切にしましょう

私自身の経験から語らせていただきます。

私は小学校2年生ぐらいの頃に両親が離婚しまして、20代の半ばぐらいまで母親と一緒に暮らしておりました。

カーネーション弟が1人いてるのですが、いろんな事情があって早々に家を出、母と私と2人で今の実家に住んでいたんですが、今思えばあの頃に実家におらせてくれたことにとても感謝してます。

家にいたときは「おかんうっとうしいな・・」と、しょっちゅう思ってたんですが、今では私の家庭を持ち一児のパパになり、そうなると親の有り難さが分かるというものです。

いや、親元を離れ家庭を持って子供が生まれないと、親の有り難さって絶対に分からないと思います。

私の知り合い、もちろん年下だったりしますが、1人暮らしをしているけど親からの仕送りや、あるいは実家から家が近いからしょっちゅう実家に帰ったり、そういう人もいてます。

もちろん最終的には、親が生きているうちは甘えたらいい、というのが私の結論なんですけど、それを私が本当に分かるのは両親が他界してからでしょう。

私の両親は健在なんですが、多分そうだと思います。

母親というのは、自分を産んでくれた人で、この世の中で一番感謝しなければいけない人だと思ってます。

母の日のプレゼントをはじめてしたのは確か2年ぐらい前だったと思うのですが、はっきりと覚えてないのですけど、デパートで鞄を買ってプレゼントした記憶がありますね。

何でも良かったのですが、確か母、同じカバンをずっと使ってた記憶があったもので、ちょっといいカバンでも買ってあげようかと思ったわけです。

habaga最近は母の誕生日、父の誕生日に食事を誘ったりしているわけなんですが、こういった自分の行動は以前は絶対に考えられなかったことです。

自分自身が充実しているから?

いや、それは違うと思ってます。

仕事も何とか上手いこといっており、家族もいて健康で元気な娘がいる、だから充実しているから親へ意識が行く、じゃあないと思うんですよね。

私自身が独り立ちし、会社を設立し、ホント自分の力で苦労(とまではいかないかw)してここまでやってき、これに感謝するのは親しかいないと思ってるわけですよ。

ま、母の日って1年に1回だし、お金あるないに関わらず、お母さんが健在だったら是非何か贈り物をして欲しいですね。

特に実家を出て一人暮らし、あるいは結婚して家庭を持って母が実家に暮らしてるといった状況の方、是非是非何かしてあげて下さい。

言葉には出さずとも、絶対に喜んでくれますから。

 

温泉旅行もいいですよ かみのやま温泉 観光

 

母の日に最適な贈り物

母の日は普段ありがとう、と面と向かって言えない照れくさい方も、思い切って感謝の気持ちを伝えることができる嬉しい日です。

母の日にはカーネションを送るというのが世界中で行われています。

これはアメリカのある少女から始まった習慣でお母さんの命日に今までの感謝の気持ちをと白いカーネーションを送ったことから始まったそうです。

それ以来母の日を制定してカーネーションやプレゼント 花を贈るようになったのです。

でも実際には母の日に何を贈ろうかと悩んでしまう方も少なくないはずです。

よく母の日の贈り物として好まれるのがやはり花のアレンジメントです。

花は女性ならもらって嬉しくない方はいません。

しかも、お母さん位の年齢になると花をもらう機会もだんだん減ってきますから母の日こそ綺麗な花、お母さんの好きな花を上げるのはとてもいいアイディアです。

一口に花といってもブーケからテーブルに直接置けるアレンジメントなどさまざまなものがあります。

カラーもデザインもセンスが問われますから良い花屋さんを選んで送るのがおすすめです。

今ではネット上の花屋さんからもアレンジメントを選んでおくれるので便利です。

花はもらったあとの管理が面倒だわ、というお母さんにはプリザーブドフラワーがおすすめです。

プリザーブドフラワーは枯れないまるで見た目は生花のように美しいものです。

お手入れいらずでどこにでもおけるので花の管理が苦手なお母様にも安心して送ることができます。

 

ピックアップ情報

 

ネギトロはブレンドするのが一番です
マグロ 通販