シェアリングエコノミーのメリットについて by 引字圭祐

Written by michidoo

最近のIT業界では他の業種に先駆けて様々な勤務方法や仕事のあり方を展開してきました。

特に最近においてはタブレット使った会議などは当たり前になってきており、会議の際に余分な資料の印刷などはできないようになっています。

さらには社員同士の会話についてはSkypeなどのチャット音声ツールを用いることで世界中の誰とでも会話することが可能になっています。

さらにはテレビ会議システムを導入することで映像の共有化をはかり、より多くの情報について配信することができるようになってきました。

さらに、最近ではネットワークの普及により高速な光回線を利用することができるようになったため、動画像の共有など非常に多くの可能性がビジネスの現場であらわれるようになってきました。

このような現状のなかで一番大きなコンセプトとしては、無駄をなくし低コストを実現することに繋がってきます。

特にIT事業の分野においては最新のITツールを使用することでより多くの人たちがよりスピーディーにより低コストで大きなアウトプットを出せる世の中になってきています。

ここで、最近の注目されているキーワードとして、シェアリングエコノミーという言葉があります。

参考→引字圭祐

シェアリングエコノミーとは共有できる部分は共有することでコストをよりおさえることができる点と、無駄をなくし非常に多くの資源をシェアリングすることでより最適にリソースを使い分けていくことに繋がります。

特に最近のIT業界においてはネットワーク回線を大手の企業からシェアリングすることで、ネットワーク事業をより低コストで実現していくことや、さらには、電気業界においても電力の自由化によりこれまで提供することができなかった会社においても電力を自由に提供することができるなど、シェアリングエコノミーが浸透してきています。

このように日本経済やビジネスの形を大きく変えていく可能性があるのがシェアリングエコノミーになります。

Comments are closed.