有料老人ホームは認知症に対応してくれるところが良い

Written by michidoo

一口に有料老人ホームと言っても、提供されるサービスは異なっています。

病気の人にきめ細かな対応をしてくれるホームもありますが、自立した生活ができる人のみが入居できるホームもあります。

最近は病気の人が入れるホームが増えていますが、認知症の方に対する対応は異なっています。

認知症の方を受け入れないホームと受け入れるホームがあります。

受け入れ方にもいろいろあって、軽い認知症の方のみを受け入れるホームとある程度重い認知症の方も受け入れるホームがあります。

軽い物忘れ程度の認知症の方だったら、受け入れる有料老人ホームの数は比較的多いです。

しかし、重い認知症の方を受け入れるホームの数は限られています。

重い認知症の方の中には自分で服の着替えや入浴、排せつがうまくできない人がいます。

夜中に眠らないで騒ぐ人もいます。

このような方は有料老人ホームに入れないことがあります。

ホームに入るときは認知症がなくて、健康な方でも入ってから認知症を発症することがあります。

お年寄りは自分の生活環境が変わると、ストレスが増えて認知症になりやすい面があります。

もし認知症に対応してくれるホームだったら、入居してからそれを発症しても安心です。

もし対応してくれない施設だったら、運悪く認知症を発症したら、せっかく入ったところを退去しなければなりません。

このような場合のことを考慮に入れて、有料老人ホームに入るときは、できるだけ認知症に対応してくれる施設を選ぶようにしましょう。

どのホームも医療機関と連携しています。

ホームの中で病気になった場合は、連携している医療機関から医師や看護師が派遣されて診療を受けることができます。

有料老人ホームに入るときは、連携している医療機関にも注意しましょう。

一つの病院だけではなく、複数の病院と連携しているホームが安心できます。

高齢者は内臓の病気になりやすいですが、他の病気にかかることもあります。

例えば、白内障などの眼科の領域の病気になることも少なくありません。

認知症の専門医と提携しているか調べることも大切です。

認知症は難しい病気なので、経験の浅い医師の場合は治療が難しいことがあります。

ある程度この病気の診療を経験した医師だったら、薬の使い方などをよく知っています。

認知症は脳の病気なので、脳神経外科と連携しているホームだったら、いざという時に備えることができます。

脳梗塞の様な脳血管の疾患の時も安心です。

 

よく読まれている記事
認知症の介護施設の種類
有料老人ホーム 平塚

Comments are closed.