男の子の子育てに悩んだら

Written by michidoo

まったく違う男の子と女の子

女ばかりの姉妹で成長をしてきた人は、自分が男の子を出産したときに、どのように子育てしていけばいいのかわからなくなる時があります。

男の子がどんなことに興味を持つのかもわからず、どんなことを考えているのか理解が出来なくなってしまうこともあるでしょう。

すべての男の子がそうであるとは限りませんが、女の子に比べて活発な子供が多く、突拍子もない行動をする傾向にあります。

女の子であればしないようなことも平気でやってのける男の子は多いですので、親としてはひやひやしたり、ドキドキすることが連発していくような子育てになるものです。

 

驚くことが多い男の子の子育て

男兄弟がいた人であれば理解しやすいことだったとしても、姉妹で育った人にとっては驚きの連続になってしまうこともあります。

しかしどう子育てをしていけばいいのかわからないからといって、子育てを投げ出していいわけではありませんので、子供と一緒に成長をするつもりで接していかなくてはなりません。

公共の場にいるときに、あまりにも想定外のことをしでかすようであれば、ついつい大きな声で怒ってしまいがちになります。

悪いことをしたら叱るのは当然ではありますが、叱り方に気をつけるようにしなくてはなりません。

頭ごなしにしかりつけるようであれば、何が悪かったのかを子供に理解させることもできませんので、頭ごなしに叱らないようにしましょう。

叱るときには、きちんと子供が理解できるような言葉を使って叱るようにして、どう行動をすればいいのかを根気よく伝えていくようにしなくてはなりません。

何度言っても言うことをきかないからと野放しにしていれば、さらに行動はエスカレートしていく事になりますので、諦めずに付き合っていくようにしましょう。

 

思わず大声で叱りそうになった時には、とりあえず気持ちを落ち着かせるためにも、一度深呼吸をしてみることです。

一呼吸置くことによって気持ちが落ち着きやすくなりますので、冷静に叱ることが出来るようになります。

体を動かすことが大好きな男の子を家に閉じ込めておけば、パワーが有り余っていますので、家の中で走り回ってしまう場合もあります。

出来るだけ公園などに連れ出すようにして、体を動かさせてあげるといいでしょう。

体を動かしてパワーを使うことによって、子ども自身も満足しやすくなりますので、不要なパワーをため込まなくなります。

外で思い切り遊ぶのは親としても疲れるものですが、子供を満足させるためにも、頑張って付き合ってあげるといいでしょう。

Comments are closed.