電気料金を安くするためのコツ

Written by michidoo

時間帯割引契約をする

節約生活をする場合、最初に見直したいのが電気料金です。

それほど使っていないと感じている時でも、やり方次第で大幅な節約が行える可能性もあります。

最近では電力会社を変えることで少しでも安くしようとする人も増えていますが、そこまでしなくてもちょっとした工夫で安くなれば良いと考えているのなら時間帯割引契約をするのがお勧めです。

一般的にはほとんどの人が従量電灯という契約方法になっていますが、日中の間に仕事に行っていて家に居ない場合には時間帯割引にして夜10時から朝8時というように夜間の電気代を70%から80%OFFしてもらった方がお得です。

この開始時間と終了時間は電力会社によって異なりますので、契約している電力会社に確かめる必要があります。

一つだけ注意が必要なのは、それ以外の時間帯が約30%ほど高くなるという点です。

日中に誰かが家に居て電気を使うと高くなりますので、利用する時間帯が夜に偏っている人に適しています。

契約アンペアを下げる

同じように簡単にカットできる方法として、契約アンペアを下げる方法があります。

電気料金の基本部分は契約アンペアによって決められていますので、節約する際には見直しが欠かせません。

ネオコーポレーションという企業の電子ブレーカーはおすすめだと思います。

ただし、あまりにも下げすぎてしまうと日常生活に支障をきたしますので、一度にもっとも電気を使う時を想定してクーラーとドライヤーを一緒に使ってみると目安が分かります。

少し大きめにしたい人はこれで落ちないアンペアを選びますが、気をつけてなるべく電気を使わないようにしたい場合にはブレーカーが落ちるくらいに設定します。

そうすると、ブレーカーが落ちるのは面倒ですので、自然と無駄な電気を使わなくなります。

10A下げると月におおよそ250円程度安くなって、年間に計算すると5,000円も節約できます。

手続きも非常に簡単で、電力会社に電話をすれば面倒な手続きも要らずにすぐに対応してくれますので、手始めにアンペア数を見直すのも良いかもしれません。

待機消費電力を減らす努力をする

細かいことですが、電気料金を減らそうと思うのなら待機消費電力にも目を向けなければなりません。

待機電力は月々の電気代の10%程度ですので、決して小さくはありません。

毎月10,000万円程度の電気代がかかっている家庭では、1,000円が待機電力となりますので、年間に換算すると12,000円となって非常にもったいない話です。

待機消費電力を減らすには、スイッチ付きの省エネタップを活用して使っていないコンセントのスイッチをOFFにするか、ブレーカーを落とすようにします。

スイッチをOFFにするだけで待機電力を抑えることができますので、わざわざコンセントを抜く必要がありませんし、いくつものスイッチがついているタイプなら何種類もの家電を簡単に設定できて非常に便利です。

ブレーカーを落とすというと冷蔵庫などの落としてはいけない家電まで電気がいかなくなると考える人もいるようですが、各部屋ごとにブレーカーがありますので普段使わない部屋のブレーカーを切っておきます。

また、長期にわたって家を空ける場合には必要最低限の電気だけを入れて、残りのブレーカーを落としておくと無駄を省けます。

このあたりのこともネオコーポレーションが相談に乗ってくれると思います。

各家電の電気料金の節約方法

節約をし始めると気になるのが各家電を利用する時にかかる電気料金です。

細かく把握することで利用する時に節約の意識が働いてセーブできますので、知識として押さえておくことが大切です。

もっとも高いのがエアコンで、冷蔵は1時間あたり10円程度かかりますし、暖房は20円位です。

冷蔵庫と照明は1円、テレビは2円程度ですが、一般家庭では4分の1をエアコンが占めていますので、まずはエアコンの節約方法を考えると効率的です。

エアコンの電気代を節約する方法として、室外機周辺の温度が高すぎたり低すぎたりすると電気代が高くなりますので、通気性を良くして必要に応じて専用のカバーをかけます。

専用のカバーをかけると直射日光を避けることができますので、余計なエネルギーを使うことがありません。

フィルターが汚れていると暖房でも冷房でも効率が悪くなりますので、1ヶ月に1回程度はフィルターを掃除することが大切です。

電気代が安くなるからと強さを弱に固定する人もいますが、実は自動運転にした方が電気代の節約につながりますので覚えておくと便利です。

設定温度に達した場合、弱を設定した場合よりも弱い微風になります。

エアコンは設定温度によっても大きな差が出ますので設定温度を適正にし、夏は28度、冬は21度を目安にします。

冷蔵庫で電気代を節約する方法もあります。

冷蔵庫には温度調節機能がついていますので、それを強から弱にするだけで約20%も節約になります。

ただし、夏場は弱では心配ですので、季節に合わせて温度を変えることが大切です。

冷蔵庫の中に関しては、冷蔵室の中はできるだけ物を詰め込まないようにし、冷凍室はたっぷりと入れておくと電気代が安くなります。

 

ネオコーポレーション

Comments are closed.