ペットショップ店員を目指す方が知りたい情報

Written by michidoo

ペットショップ店員を目指す為に知っておきたいこと

動物が好きで将来はそれに関わる仕事をしたいと考えている方は多いでしょう。

日本は動物と一緒に生活する文化が根付いており、ペットショップも全国各地に多くある程人気で賑わっています。

店員になる為やどういった仕事なのかを知っておくと選択の幅が広がり、楽しく動物たちと仕事ができます。

店員の仕事は来店した方の希望に応じて対応して適宜飼育のアドバイスを行う接客業に見えますが、様々な仕事内容があります。

簡単にあげるだけでも販売・生体管理・商品管理・店舗運営の補助などがあり、幅広い業務を担う事になります。

この仕事を行うのに特に資格は必要ありませんが、ペットには犬や猫以外に爬虫類や鳥類、両生類も扱いますのでそれぞれの知識が必要と言われています。

中には熱帯魚や昆虫等も扱うお店もあり、犬や猫といったイメージを持っている方は注意が必要です。

よく昆虫や爬虫類は苦手という方も多いのですが、好きな動物しか関わらないでは仕事ができない事を覚悟しておく事が重要です。

仕事内容は上記の様になりますが、細かく言うと来店者には要求に応じて適切なアドバイスを行い、販売・販売後のケアを担当し、日常業務では食事や排泄の世話・健康管理・清潔維持・掃除などを行います。

その他店舗運営に関する仕事としてペットフードやペットの仕入れや棚卸し、売り上げ計算などの商品管理や店舗運営の補助を行います。

最近ではペットショップに動物病院や美容院を用意している所も多く、シャンプーやブロー・ワクチン接種の手伝いなど、トリマーや獣医の補助を行うこともあります。

以上の仕事を働くショップにより行いますので、向いている方と向いていない方というのはあるのですが、ペットを飼ったことのある方は飼育方法や気を付ける点などある程度知っているので覚えも早い傾向にあります。

勿論飼育した事のない方も十分働く事ができますが、何より大切なのは命を扱う仕事であると自覚し、責任感の強い方が適正があると言えます。

覚える知識は多く糞尿の処理等も行う過酷な労働を苦にせず、人の話を親身になって聞いて動物に関する知識や愛情が豊かな方が向いています。

ペットショップで働くには

ではペットショップで働く場合はどうすれば良いのでしょうか。

前述の様に店員になる事に資格は必要ありません。

一般的な就職と同じで求人に対して応募し、面接などを経て採用される事で店員になれます。
しかしお客からのニーズの高まりや業界の注目度の上昇から、専門学校や通信教育で何らかの資格を取得して就職する方も多くなっています。

特に多いのが愛玩動物飼養管理士と動物看護師で、トリマーと同じ位この業界就職希望者は取得を目指しています。

愛玩動物飼養管理士は公益社団法人日本愛玩動物協会認定の資格です。

ペットの愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを行うために必要な知識・技能を備えている証です。

お店に訪れた方も信頼できる方からアドバイスをもらいたいもので、この資格はその証になります。

就職時にはやはり有資格者が有利

就職時にはやはり有資格者が有利なのは他の業界と同じです。

動物看護師は2012年から実施されている動物看護師統一認定試験を受けて認定を得るとなれる比較的新しい資格です。

看護師とありますが国家資格ではありませんが、今後大学や専門学校で動物看護学を学ばないとなれない仕事になると言われています。

就職の幅は広く、ペットショップ以外に動物病院や動物関連企業等がありニーズの高い資格と言えます。

働く形態は正社員からパートやアルバイトまで様々

就職の話に戻りますが、働く形態は様々で正社員からパートやアルバイト等です。

働く形態によりますが年収は200~400万円程です。

正社員の初任給では手取りで10万円代前半となることが多いと言われています。

アルバイトでは時給800円から950円と経験に応じて上昇し、他のアルバイト時給と比較しても差はありません。

今後正社員の給料を上げたいと考えるならば、やはり専門性を示す資格が必要と考えられています。

営業時間は10時から21時前後で土日は来客数が増えるので平日お休みするお店もありますが、年中無休が一般的です。

動物を扱うので24時間365日健康管理する必要があるので、年末年始や通常の夏季休暇も出勤する事になります。

アルバイトやパートでは土日出勤できる方が優遇される傾向にあり、お店の方からもニーズの声は非常に高いです。

有史以来人間は動物と共に暮らしてきました。

飼育するようになり江戸時代では金魚で明治にはウサギを飼育するのがブームになりました。

昭和では小型犬のブームになりバブルではハスキー犬等の大型も注目される一方ハムスター等の小動物も人気でした。

現在では爬虫類や昆虫、鳥類など個人毎に様々な趣味や趣向があり、コンパニオンアニマルと呼ぶ様にペットは家族の一員と考える文化が定着しています。

ペット業界の市場は拡大しており、ニーズに応える様にクーアンドリクのような病院やサロンを併設する総合ペットショップが増えており、ますます専門的な知識や技術をもった店員の活躍が期待されています。 [PR]クーアンドリク

Comments are closed.