おめでたい結婚式の二次会、お祝いムードを高めみんなで楽しむ方法

Written by michidoo

二次会

結婚式の二次会ってどう?

結婚式の二次会は、必要と思っている人もいれば必要ないと思ってる人もいるでしょう。
「する」「しない」は結婚式を挙げる主役二人の考え方によるところですが、結婚式後に開かれる二次会を楽しみにしている参加者も多いのではないでしょうか。

式の後にパーティを開くことで結婚式に呼べなかった方を招待することができたり、お互いの友人を一気に紹介できるなど多くのメリットが存在します。
結婚式や披露宴はいくらでも制限なく人を招待できるわけではありません。

例えば、神前で式を挙げると出席者は親族のみと決められてしまっている場合もあります。
そんな場合でも二次会を開くことで、式に招待できなかった人を招待でき二人の結婚を祝ってもらうこともできるのです。

二次会のパーティーもしっかり役割がある

結婚を祝いたい人と結婚を報告したい二人の気持ちを叶えてくれるのが式の後のパーティです。
新郎と新婦の友人達を一気に紹介できるのも式の後のパーティです。

二次会で出会い結婚に至るという話は良く耳にすることで、出会いを期待する友人達も多いのではないでしょうか。
式の後のパーティは緊張感も解れ、ゲームやカラオケなどで盛り上がることもできます。

お祝いムードを多高めるためには、会の費用にも気をつけなければいけません。
男性よりも女性のほうが比較的安い費用を設定することが多く、都心や地方などの地域によっても異なります。

参加する人の渡すお土産や、利用する会場や料理などによっても違ってくるのが特徴です。
男女とも同じ会費にしてしまうと、飲食などの量に応じた費用にならず不満をもつこともあるので注意しましょう。

会費の受け取り方法にも注意すること

会費の受け取り方法にも、注意しなければいけないことがあります。
式のご祝儀とは違い封筒などに入れて渡すことがないため、受けつけた会費を入れておくものが必要です。

お釣りが必要になる場合も多いため、ある程度の金額を用意をしておくことも忘れないようにしましょう。
式とは違うので礼服や着物などを着用する必要はありませんが、華やかな雰囲気を壊さないためには着ていく服装にも注意しなければいけません。

式が終わったからと言って、普段着で参加することは避けるようにしましょう。
フォーマルなスーツやドレスなどを着用するようにして、あまり豪華になり過ぎないように注意します。

二次会でも主役は新郎新婦なので、肌の露出や白い服装などは選ばないようにしましょう。
出席する人たちが全員楽しむためには、このようなことに気をつけることが大切です。

 

結婚式を盛り上げる二次会!幹事選び方や準備の流れをご紹介より抜粋

Comments are closed.