美容師のなり方とは

美容師のなり方とは

美容師は、主に美容室などでカット・カラー・セット・シャンプー・ブロー・パーマなどを行ってヘアスタイルを作る仕事になります。

また、ヘアスタイルだけではなくネイルやメイク、着付けなどを行う場合もあります。

美容師になりたい場合には、国家資格である美容師免許が必要となります。

 

美容師免許を取得する方法

免許を取得するためには厚生労働省が指定する美容専門学校で通学課程2年または通信課程3年で所定の科目を修了し、国家試験に合格することが求められます。

免許を取得しただけでは活躍することはできず、アシスタントして美容室に就職するか、ヘアメイクアーティストとして事務所に所属するのが一般的です。

大半は美容室に就職することが多いですが、結婚式場の美容室に就職するケースもありますが、高くなっています。

活躍するためには、それぞれの技術がきちんと身についていることが前提です。

学校で習うのは国家試験に対する対策がおもで、お客様に対するカットなどの技術や接客などは就職してから地道に見つけることが大切です。

試験の難易度はきちんと美容専門学校で授業を受け、過去問で対策しておけば十分に合格できるとされています。

実技試験は本番で緊張してしまいいつもの技術が発揮できずに不合格になってしまう、というケースはよくあります。

そのため本番で緊張しない、焦ったりしないためにも日頃の練習が重要となってきます。

 

美容師の年収について

一般的に年収は300万円程度と言われています。

特に就職したばかりのことはアシスタントとして、接客技術や洗濯の仕方、シャンプー、買い出しなどを行いその上でカットの練習なども行うためかなり忙しいのに給料は安いという状態になります。

東京の青山や表参道などの一等地にある有名店では、初任給の手取り10万円前後ということも珍しくないのです。

美容師転職サイトより引用

昇格すれば当然給料は増えていきます。

カットなどを担当するスタイリストになれば基本給として20万円前後、指名などがつけば個人の売り上げとしてインセンティブを受け取ることができ、トップスタイリストになれば月間の売り上げが300万円以上になったり、年収が1000万円を超えるケースもあります。

ただしこれはごく一部のスタイリストで、通常であれば800万円前後が最大収入となります。

頑張って技術を磨けば、お金を得られる職業です。

また、最近では出産をしても現場に復帰するという女性美容師も多くなっていて、その経験が接客に役立つなどのメリットがあります。

michidoo

Related Posts

交通事故に強い弁護士を選ばなければいけない

交通事故に強い弁護士を選ばなければいけない

犬の飼育において大切なこととは何か?神澤先生に聞く

犬の飼育において大切なこととは何か?神澤先生に聞く

fallback-image

マッサージに癒しの効果があるのは心地よいから

fallback-image

病気が重くなっても入居し続けられる介護施設を選ぼう