交通事故に強い弁護士を選ばなければいけない

交通事故に強い弁護士を選ばなければいけない

交通事故が起きるとき、被害者は加害者に対して治療費や通院のための交通費・ぶつけられた車両の修理費・仕事を休むことで生じる損害・後遺症による逸失利益・苦痛に対する慰謝料などを損害賠償請求できます。

 

苦痛に対する慰謝料は金額が明確ではない

このうち治療費や通院のための交通費などは、はっきりと金額がわかりますから請求がしやすいですが、苦痛に対する慰謝料というのは精神的なものですから金額が明確ではありません。
また休業補償や逸失利益の計算も複雑なので、条件がちょっとでも変わるだけで金額が変わります。

したがって加害者および加害者が加入しているは支払いを抑えようと、示談交渉で財産的損害と精神的損害に対する賠償金を少なく提示してきます。
その提示された金額をそのまま受け入れたら、実際に被害者は被害の程度に見合わない安い慰謝料で我慢しなければいけません。

被害者は交通事故で多くの不利益を被ったのに、慰謝料でも損失を被るのは理不尽です。
ですから、適正な金額の慰謝料を得るために動く必要があります。
とはいえ、加害者が加入している保険会社は、多くの交通事故に携わっているプロであり、また個人とは資金力が違います。
被害者が単独で動いたところで、交渉の流れを変えることは困難です。

 

法律を熟知している弁護士の力を借りる

そういうときにこそ法律を熟知している弁護士の力を借りなければいけません。
ただ、どんな弁護士でも良いというわけではありません。
というのも人によって得意分野があるからです。

扱う案件には刑事事件もあれば民事事件もあります。
民事事件でも消費者問題や労働問題、そして交通事故といろいろな種類があります。
もちろん、資格としては、特定の分野だけを扱えると限定しているわけではありませんから、やろうとすれば得意分野以外の案件もこなせます。

でも、より深く勉強をして経験を積むことで、クライアントに出来るアドバイスが変わってきます。

たとえば、後遺症の認定を巡って話し合いをするときに、どうすれば保険会社に主張を通すことが出来るのか、そのために必要な証拠はどうやって集めるのかを熟知しているかどうかで結果は大きく変わってきます。
法律とは関係のない医療の知識が問われたりもするので、やはり交通事故を得意分野としている弁護士に頼むのが理想的です。

 

交通事故に強い弁護士を探す方法

では、どうやってそんな弁護士を探せば良いのかと言うと、ひとつは法律事務所のサイトや電車などに掲載している広告を見てみましょう。
法律事務所のサイトや広告では、どの分野の案件を得意としているのかが明記されていることが多いです。

そこから、電話あるいはメールから相談をしてみて、アドバイスの内容から正式に委任契約を結ぶべきかを考えてみましょう。

得意分野は問題がないとして、複数の法律事務所が候補になっているならば、どの程度の経験・知識をもっているのかを訊ねてみましょう。
年間に扱っている案件の数や後遺障害の等級認定についてわかりやすく解説してくれるかを聞けば、信頼できるかどうかを判断できます。

能力に問題がないと思うけど、誰に頼むべきかわからないというならば最終的には相性の良さを見るべきです。
クライアントがどのような不安を抱えているのかを見極めて、そこに寄り添ってくれる弁護士であれば最後まで安心して任せられます。

関連情報:交通事故弁護士大阪 おすすめ

 

まとめ

もし、専門家だから素人の相手などまともにできないといった雰囲気であれば、どれだけ能力があってもクライアントの利益を考えてくれずに良い結果が得られない可能性があります。

多くの法律事務所では、最初の30分から1時間くらいは無料で相談に乗ってくれます。
時間に制限があるとは言え、相性を確かめるためであれば十分な時間です。
その際には、時間を有効に活用するため、質問をしたいこと、人柄を見極めるために確認しておくべき点をメモにしておくと良いです。
 

michidoo

Related Posts

犬の飼育において大切なこととは何か?神澤先生に聞く

犬の飼育において大切なこととは何か?神澤先生に聞く

美容師のなり方とは

美容師のなり方とは

fallback-image

マッサージに癒しの効果があるのは心地よいから

fallback-image

病気が重くなっても入居し続けられる介護施設を選ぼう