復興支援で最も有効な募金

復興支援で最も有効な募金

地震や台風などの災害が起きると、被災地にある建物やインフラは破壊されます。
建物は倒壊しインフラも破壊されてしまうため、それらを一つ一つ復旧させて復興しなければいけません。
建物やインフラが破壊され尽くすのは、災害だけではありません。
日本で街が破壊されるというと、地震や台風を思い浮かべてしまいがちですが、海外では紛争によって跡形もなく破壊し尽くされています。

 

災害の被災地や紛争地の復興を助けるために

国を代表するとしてであっても、紛争の影響により町が破壊され尽くしゴーストタウンにまでなってしまった都市もありますから、人間の行いも人々の生活を破壊する原因です。

災害の被災地や紛争地の復興を助けるためには、周囲からの援助が何よりも重要です。
災害や紛争の規模が大きいほど一国の財政ではどうにもならない状況になるので、周囲の国々が手を差し伸べなければいつまで経っても人々の暮らしは元に戻りません。
復興支援の方法にはいろいろとありますが、一番確実なのは募金をして経済的な援助をすることでしょう。
たとえば大地震が起きたときには、毛布や食料などの支援物資が被災直後には必要となります。
そのため多くの人が毛布や食料を現地に届けようとしますが、時間が経てば十分な量が集まり支援は無縁になります。
そして次に欲しい生活必需品が次々と出てくるので、物資を送るなら被災地のニーズを考えながら選ばなければいけません。
しかし支援物資を個人が送るときに、現地のニーズを把握して選ぶのは負担が大きいでしょう。
必ずしもニーズを正確にくみ取れるわけでもないので、個人が復興支援をするときには難しいと言えます。

 

募金による金銭的な支援のメリット

一方募金による金銭的な支援なら、被災地や紛争地の自由にお金を使えます。
その時々で必要な物資を購入する資金にできますし、最終的に復興で最も必要になるお金です。
被災者への義援金に使ったり破壊された建物やインフラの復旧に使われたりと、復興のために使われます。
募金する目的とも合致しますから、善意を無駄にしないためにも復興支援ではお金を送るのがベストです。
災害が起きたり激しい紛争地向けの募金は随時募集されているので、現地の復興を手助けしたいと思ったらお金を送るのが良いでしょう。
被災地や紛争地の復興支援のための募金は、NGO団体などが常時窓口となって受け付けています。
こうした団体に寄付をすると、人件費や広告費などの必要経費を除外し全て被災地や紛争地のために使われます。

 

災害支援の経験が豊富な団体を利用する

たとえば災害による被災地向けの支援だと、ニーズを汲み取りながら最適な物資を選んで現地に送ったり、直接金銭的な援助をこれまでにもしてきました。
個人ではタイミングによって異なるニーズを把握し物資を送るのは難しいですが、災害支援の経験が豊富な日本ユニセフなどの団体なら独自のネットワークを築いて情報収集しているので、本当に必要なものをベストなタイミングで届けてくれるでしょう。
また海外にある紛争地の復興支援では、建物やインフラ整備のためだけにお金は使われるわけではありません。
街全体が破壊されていると、学校や病院などもなく人々の教育や健康にも悪影響が出ています。
家を失い難民となった人々も多くいますから、紛争地の復興支援として集められたお金は、こうした人々のためにも使われています。

 

教育を受けた子どもが増えれば国の将来も安心

難民の子どもたちの教育、小さな命を守るための医療支援、水や食料など生きるために必要なものの確保と、どれも紛争から立ち直り新しい街を作っていくためには必要なことです。
教育を受けた子どもが増えれば国の将来も安心ですし、医療支援を行えば小さな命を守れるだけではなく、感染症などの予防にも繋げることができます。
こうした地道な支援を続けていくことによって、紛争によるミサイル攻撃などで破壊され尽くしてしまった街も元通りになり、かつての栄光を取り戻せるかもしれません。

日本から集められた募金というのは、さまざまな形で国内だけではなく海外の被災地や紛争地でも支援に使われていて、その規模は世界でもトップクラスとされています。
もし日本からの支援額が減ってしまえば、これまで活動を続けてきたNGO団体の活動も制限されることになり、最終的に困るのは世界中にいる今も生活に困っている人々でしょう。
経済的に余裕がある人々が困っている人々を助けるのは、人類が共に生きていくためには当たり前のことです。
日本も東日本大震災など大きな災害が起きたときには、世界中から大きな支援を受けてきました。

 

まとめ

困っていたときに助けてくれた恩に報いるためにも、世界中で困難に直面している人たちがいたら、日本からも手を差し伸べてあげるべきでしょう。
そうした一人一人の行動が世界中の人々に伝わっていき、もし日本が次に困難な事態に陥ったときにも、同じように助けてくれるはずです。
困っている人々を助けたいという思いに人種や宗教は関係ありませんから、災害で被災した人々や紛争で難民となった人々には、お金を送って経済的に支援しましょう。
 

michidoo

Related Posts

人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶について

交通事故に強い弁護士を選ばなければいけない

交通事故に強い弁護士を選ばなければいけない

犬の飼育において大切なこととは何か?神澤先生に聞く

犬の飼育において大切なこととは何か?神澤先生に聞く

美容師のなり方とは

美容師のなり方とは