人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶を選択される場合、さまざまな理由があるでしょう。
このような選択をとった方にとって、手術に対する不安や罪悪感に精神的なストレスなど考えることが多いことがほとんどです。

 

痛みのない手術を行っている

最近の神戸中絶の病院では、痛みのない手術を行っており患者のプライバシーを十分に尊重したうえで対応してくれるところが増えています。
精神的なストレスに関しても、適切に対応して診察したうえで手術当日は個室も用意してくれる場合もあるので気になることがあれば病院に問い合わせましょう。
人工妊娠中絶の基礎知識として、どのような場合でもできるとは限りません。
日本では、母体保護法という法律があるためこの法律に反する場合は手術ができない決まりです。

 

手術が認められるケース

認められるケースとしては、母体の健康からみて妊娠の継続や出産が困難な時または経済的理由があるときになります。
あとは、暴行や脅迫によって抵抗が不可能だった場合や拒絶できない場合です。
手術は誰でも出来るわけではなく、母体保護法視点の資格を所持する医師のみに限ります。
産婦人科であれば、どこでも受けられるものではないので注意しましょう。
手術を希望するのであれば、各都道府県の医師会が指定している病院があるのでそちらを受診するのがベストです。

 

手術ができる期間が法律で定められている

手術に関しても、できる期間というのが法律で定められています。
期間についても、母体保護法に記載があり妊娠21週と6日までと決まっています。
それ以降は、母体のほうにリスクがあるので認められません。
中絶をしなければならない場合、妊娠の時期によって手術方法が異なります。
妊娠初期であれば、子宮内容除去術という内容をかきだす方法か機器を使用して吸いだす吸引法になります。
ほとんどの場合は、子宮をはじめから拡張したうえで麻酔をして子宮の内容物を除去していきます。

 

個人差がありますが数日間の入院が必要

手術は、短い時間で終わるので痛みや出血も少なく体調に問題が特になければその日に帰宅が可能です。
一方、妊娠22週未満の場合は初めから子宮を開く処置を行い子宮収縮剤を使用して、人工的な陣痛を起こし流産させます。
負担に関しては、個人差がありますが数日間の入院が必要です。
妊娠12週以降の中絶であれば、手術を受けたあと役所に死産届を提出して胎児の埋葬許可証をもらう必要がでてきます。
これらの手術は、健康保険の適応にならないため費用も経済的に負担になります。

 

まとめ

中絶を選択する場合はできるだけ早く決断したほうが母体のリスクや経済的負担からみても少なく済みます。
 

michidoo

Related Posts

復興支援で最も有効な募金

復興支援で最も有効な募金

交通事故に強い弁護士を選ばなければいけない

交通事故に強い弁護士を選ばなければいけない

犬の飼育において大切なこととは何か?神澤先生に聞く

犬の飼育において大切なこととは何か?神澤先生に聞く

美容師のなり方とは

美容師のなり方とは