必要な費用とは?

Written by michidoo

賃貸管理ソフト RentUP

賃貸管理を行う場合、必要な費用があります。

管理業者によって料金は異なってきますが、まず管理手数料が必要になります。

これはその物件の家賃の何%などと設定している業者が多いですね。

たとえば管理手数料が5%で毎月の家賃が6万円、入居者数が60世帯のマンションの場合を考えます。

1部屋当たりの管理手数料は3000円ですので、トータル18万円の手数料が必要になります。

家賃合計が360万円、そのうちの18万円が管理費用ということで、これを安いととるか高いととるかはその人次第ですね。

他にも駐車場代や共益費、毎月のメンテナンス料なども必要になることもあります。

中古マンション購入と賃貸、どちらがお得? [中古マンション] All About

賃貸管理業者にとっても空室率を減らすことで収益が見込めるので、入居者募集には徹底したサポートがされています。

最近は基本の管理手数料を下げておいて、必要に応じた対応の際に料金を別途請求するというスタイルの業者も出てきています。

賃貸管理で最も難しい部分のひとつでもあるクレーム対応は、個人ではとても大変です。

毎月の管理手数料は低く、クレームが起こった場合に手厚いサポートをしてくれ、別途料金が必要になるという業者は多くのオーナーさんが注目しているようです。

このように賃貸管理にはいろいろな費用が必要になりますが、業者によってその内容は大きく異なる場合がありますので、事前にしっかり確認していただきたいと思います。

Comments are closed.